コーヒーと趣味

コーヒーを美味しく楽しむ趣味を始めてみませんか?

コーヒーを美味しく楽しむ趣味を始めてみませんか?

コーヒーは嗜好品とされ、趣味として楽しむことができる飲み物です
1人でも楽しく始められる、インドア派の趣味と言えます。

コーヒー豆に凝ってみたり、いろいろな抽出方法を試してみたり、道具にこだわってみたり、どのように楽しむのかは人それぞれです。
初心者が楽しめるコーヒー趣味の始め方をご紹介します。

1.コーヒー豆の違いを楽しむ

1.コーヒー豆の違いを楽しむコーヒーの趣味の楽しさは多種多様なコーヒー豆に出会い、コーヒーの味わいの奥深さに触れることが大きな魅力です。
焙煎度の違いやブレンドにする楽しみもあります。

銘柄の違い

コーヒー豆は主に収穫される産地によって銘柄が決まり、味わいが変わります
キリマンジャロやブルーマウンテン、コロンビア、マンデリンなどの銘柄で、それぞれに個性的な味わいと風味が楽しめるので、いろいろな銘柄を味わってみると良いでしょう

焙煎度の違い

同じ銘柄のコーヒー豆でも、焙煎度が違うと味わいが変わります
例えば同じブルーマウンテンでも、浅煎りか深煎りかという焙煎度の違いで味が変化します。

ブルーマウンテンは必ず深煎りなどといった基準はなく、焙煎度合いはコーヒー豆を販売しているお店(ロースター)によります。
ですから、同じ銘柄のコーヒー豆でも別のお店で買った場合は、別物といった方が良いでしょう。

自宅で生豆からコーヒーミルで焙煎するのも楽しいですよ

ストレートとブレンドの違い

単一銘柄のコーヒー豆だけで抽出したコーヒーは「ストレート」、複数銘柄を混ぜ合わせて抽出したコーヒーを「ブレンド」と表現します。
「ブレンド」は銘柄数や焙煎度、割合の組み合わせが無限です

カフェのコーヒーメニューの定番で、お店のオリジナルの味わいを楽しむことができます。
好みのストレートコーヒーと出会えない場合は、自分オリジナルのブレンドにチャレンジする楽しみもあります。

2.いろいろな抽出方法を楽しむ

2.いろいろな抽出方法を楽しむコーヒーは抽出する器具を揃える楽しみもあり、抽出方法によって使用する器具も変わります。

ハンドドリップ

ドリッパーと呼ばれる器具を使用し、コーヒー粉にお湯を注ぎながら抽出するハンドドリップ。
初心者が手軽に始めるなら、ハンドドリップがおすすめです

ペーパーフィルターを使用するペーパードリップと、ネル(布)を使用するネルドリップの2つに大別されます。
ペーパードリップは費用が安く、使い捨てのペーパーフィルターを使用するので衛生的で、ドリッパーの種類も豊富です

ネルドリップはペーパーよりコーヒーが美味しいとされ、布を洗って何度も使用できるメリットがありますが、保管や維持の手間がかかります。

サイフォン

喫茶店などで使われているサイフォンは、器具の見た目がおしゃれでインテリアとしても使えます
一見難しそうですが、一度手順を覚えてしまえば、初心者でも美味しいコーヒーを淹れることができます。

味の再現性が高いメリットがありますが、器具の初期費用がかかります。

フレンチプレス

コーヒーとお湯を入れ、金属フィルターをプレスするだけのシンプルな抽出器具。
取り扱いは簡単で、コーヒーの素材本来の美味しさを味わうことができます

ただ、できあがったコーヒーに微粉が混じることがあります。

3.アレンジコーヒーを楽しむ

3.アレンジコーヒーを楽しむ初心者でもミルクやクリーム、フレーバーシロップを加えるだけで、コーヒーのアレンジが楽しめます。
もっとも簡単なレシピはカフェオレで、牛乳とドリップコーヒーを1対1の割合で混ぜるだけできます。

本格的なエスプレッソを味わいたい場合は、エスプレッソマシンが必要です。
コーヒーを趣味にすると、研究心が芽生えます

もっとこうしてみたいとか、違う方法で味わいを比べてみるなど、探求心が尽きることがありません。
コーヒーを趣味にすると、何気なく飲んでいたコーヒーの時間が、とても豊かで充実したものになりますよ

あなたにおすすめのコーヒーはなに?

コーヒーメーカーランキング 高品質コーヒー
コーヒーとダイエット コーヒーと健康
コーヒーと美容 コーヒーメーカー
関連情報