コーヒーと豆の種類

コーヒーの5つの基本メニューと6つの人気メニューを紹介

カフェやコーヒーショップのコーヒーメニューは、昔からお馴染みの定番に加えて、新しいメニューが増えています。

コーヒー本来の味わいを楽しむだけでなく、ミルクを加えたり、チョコレートを加えたりするコーヒーも人気メニューです。

ここでは、コーヒーの基本メニュー人気メニューにどんな種類があるのかご紹介します。

定番のコーヒーメニュー


まずは定番のコーヒーメニューから抑えておきましょう。
基本がわかっていると、コーヒーを注文する際に迷子になりません。ここでは、

  • ストレートコーヒー
  • ブレンドコーヒー
  • アメリカンコーヒー
  • エスプレッソ
  • ウインナコーヒー

の5つメニューの特徴と違いを説明します。

ストレートコーヒー

単一の生産地のコーヒー豆100%を挽いて淹れたコーヒー。

よく飲まれている銘柄は、

  • キリマンジャロ
  • ブルーマウンテン
  • ハワイコナ
  • モカ

などがあります。産地ごとに豆の個性があり、味わいや香りなどコーヒー本来の風味を楽しめるのが特徴です。

ブレンドコーヒー

複数のコーヒー豆を組み合わせ、味わいや風味のバランスを整えたコーヒー。

お店によっては独自にブレンドしたコーヒーを、「オリジナルコーヒー」とメニューに記載しているところもあります。

好みの味わいや新しい風味をつくり出せるので、お店ごとに異なる味わいを楽しむことができます。

アメリカンコーヒー

浅煎りの豆を使用したコーヒーのことで、コクや苦みより酸味が強調され、比較的軽い味わいが特徴です。

そのため、ミルクや砂糖を入れないブラックコーヒーとして飲むスタイルが人気です。

浅煎りの豆で淹れたコーヒーは色が薄いので、通常のコーヒーをお湯で割ったものと思っている方もいますが、アメリカンは浅煎りの豆を使用したコーヒーです。

エスプレッソ

アメリカンコーヒーとは対照的に深煎りの豆を使用し、高い圧力をかける専用マシンを使って抽出したコーヒーです。

豆は細かい粉にし、短時間に高圧で抽出するため、コーヒーの美味しさをギュッと濃縮することができます。

「エスプレッソ」の語源はイタリア語の“急行”が由来とされます。
通常のドリップより量は少ないですが、使う豆の量はそれほど違いません。

“デミタスカップ”と呼ばれる小さなカップで提供され、半分を意味する「デミタスコーヒー」とも呼ばれます。

ウインナコーヒー

オーストリアのウィーンで生まれたアレンジコーヒー。

温かいコーヒーにホイップクリームを載せたもので、コーヒーの味わいがまろやかになり、口当たりが良くなります。

カフェオレやカプチーノが人気メニューとなるまでは、ウインナコーヒーがミルク系コーヒーの定番でした。

人気のコーヒーメニュー


定番のコーヒーを抑えたら、次は人気のコーヒーメニューを知っておきましょう。

おしゃれなコーヒー屋さんで、注文に困ったことありませんか?
いつも、なんとなくで決めてしまっているのはもったいない。

人気コーヒーのそれぞれの違いと意味を知っておくと便利です。

ここでは、

  • カフェオレ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • カフェモカ
  • カフェマキアート
  • フレーバーコーヒー

の6つの人気メニューを紹介します。

カフェオレ

フランス語でコーヒーにミルクを混ぜたものを「カフェオレ」と呼びます。

一般的な割合はコーヒー50%、ミルク50%で、コーヒーは少し濃いめにドリップすると、ミルクとちょうど良いバランスになり、美味しいカフェオレになります。

味わいがマイルドなので、女性に人気があり、お子さんも飲みやすいです。

カフェラテ

カフェオレと同じようにコーヒーにミルクを混ぜますが、使用するコーヒーがドリップコーヒーではなく、エスプレッソを使用します。

深煎りの豆を使っているため、カフェオレより深みやコクがあります。また、コーヒーとミルクの割合は20%、80%とミルクが多めです。

ちなみに“ラテ”はミルクという意味で、抹茶ラテや豆乳ラテは、コーヒーの代わりに抹茶や豆乳を使用します。

カプチーノ

エスプレッソに泡立てたクリーム状のミルクを加えたコーヒー。
“カプチーノ”はイタリア語で、蓋の意味があります。(諸説あり)

ミルクで蓋をしたようなコーヒーで、イタリアで人気の飲み方です。

泡立てたクリーム状のミルクにより、とても口当たりがマイルドで、飲み口が良いのが特徴です。

カフェオレやカフェラテと間違われやすいですが、カプチーノはコーヒーの表面に、クリームの白いフワフワした泡が浮かんでいるのが特徴です。

カフェモカ

チョコレートシロップやミルクを混ぜ合わせたコーヒー。

もともとはチョコレートの原料である、カカオ豆に似た香りを持つエチオピア産のモカコーヒーを使用していました。

現在はチョコレートを加えたコーヒーを「カフェモカ」と呼ぶことが多く、ミルクを加えたり、ココアを入れたり、ホイップクリームをトッピングするなど、デザート感覚のドリンクとして飲まれています。

甘くてほろ苦い味わいが女性に人気です。

カフェマキアート

1ショットのエスプレッソに少量の泡立てたミルクを注いだコーヒー。

ミルクがエスプレッソの苦みをやわらげ、味わいをまろやかにするので、エスプレッソの苦みが苦手という方も飲みやすくなります。

“マキアート”とはイタリア語で“染み付いた”という意味で、リーフやハート、動物などをモチーフにミルクで描かれるラテアートを楽しめるのも特徴です。

見た目の可愛さからも女性に人気があり、スタバの人気メニュー「キャラメル・マキアート」も有名です。

フレーバーコーヒー

その名の通り、コーヒーに香りづけしたコーヒーで、近年、人気が高まっているドリンク。

チョコレートやフルーツ、スパイス類、ナッツ類などを加えて、コーヒーの味わいにアクセントをつける程度のものから、ボリュームのあるデザート感覚のものまで種類は幅広いです。

キャラメルシナモンなどを使ったフレーバーコーヒーが特に人気があります。

コーヒーの種類の楽しみ方

このようにコーヒーのメニューは焙煎の度合い、抽出方法、ミルクや香りづけの種類などによって、さまざまあります。

カフェやコーヒーショップも増えており、お店独自のオリジナルメニューも加わるので、コーヒーのメニューは数限りなくあるといえます。

コーヒーの美味しさを引き出すメニューをいろいろと楽しんでください。

あなたにおすすめのコーヒーはなに?

コーヒーメーカーランキング 高品質コーヒー
コーヒーとダイエット コーヒーと健康
コーヒーと美容 コーヒーメーカー
関連情報