コーヒーと豆の種類

ブレンドコーヒーの豆と3つの組み合わせパターンを知ろう

コーヒーを頼むときは「ブレンド」という方も多いですが、どんなコーヒーなのかをご存知ですか?

ブレンドコーヒーとは複数のコーヒー豆を混ぜ合わせたものです。よく飲まれているブレンドコーヒーに使われる豆や、配合の仕方などをご紹介します。

ブレンドの目的やメリット

ブレンドはいくつかの産地のコーヒー豆を混ぜ合わせるのに対し、国や栽培エリアなど単一の産地の名前がついているコーヒー豆を「ストレート」といいます。ブレンドコーヒーはストレートコーヒーだけではつくれない風味があります。

お気に入りの味わい、これまでにない風味をつくる

ブレンドは好みの味わいや、新しい風味をつくり出すことができるのが魅力。いろいろなコーヒー豆の持ち味を活かしつつ、ストレートにはないオリジナリティのある新しい風味、好みのコーヒーの美味しさを創造することができるので、味わいが限りなく広がります。

品質や価格を落ち着かせる

同時にコーヒーの品質を保ち、価格を安定させる効果もあります。

農作物であるコーヒーは、その年の天候に左右されるので、味のばらつきがあり、価格も変動します。

ブレンドにすることで、味わいが安定し、品質を保ち、豆によって異なる価格を一定に維持することが可能です。

ブレンドする方法は2種類

ブレンドする方法は大きく分けると2種類。

  • 生豆(なままめ)の状態でブレンドし、後から焙煎する方法
  • それぞれの生豆を焙煎した後にブレンドする方法

(1)生豆をブレンドして焙煎

焙煎の前に配合し、まとめて焙煎できるため、手間や時間がかかりません

ただし、数種類のコーヒー豆をまとめて焙煎するので、豆によっては焙煎が十分でなく、ムラができるというデメリットがあります。

(2)生豆を焙煎してブレンド

焙煎の後に配合するので、それぞれのコーヒー豆が最適な時間で焙煎できます。産地によってコーヒー豆の焙煎に必要な時間が違うので、理にかなったブレンド方法です。

ただし、1つ1つのコーヒー豆を個別に焙煎するので、手間や時間がかかるのがデメリットです。

焙煎の深さは焼きの強さともいわれ、加熱温度や時間によって、同じ豆でも味わいや香りが違います。焙煎が浅いと酸味が強く、深いと苦みが強くなるので、焙煎の度合いが近いコーヒー豆同士をブレンドするのが一般的です。

豆の種類と組み合わせパターンは?

焙煎するコーヒー豆自体が数十種類もあるため、その組み合わせや配合により、限りないパターンのブレンドができます。

ただ、コーヒー豆の風味を一つひとつ理解し、ブレンド後の味わいの変化も考える必要があるので、かなりハイレベルな作業です。

ブレンドする種類は味わいを安定させるため、3~4種類、多くても5種類程度で配合します。代表的な豆の組み合わせのパターンは以下のようなものがあります。

ベースを決めて味わいのバランスを取る

基本的なブレンド方法はベースとなるコーヒー豆を決め、味わいのバランスを図ることです。

ベースになるコーヒー豆の割合は3割以上にし、ベースの風味を強調するときは割合を5割以上にします。

次にコーヒーのコクを強くするか、すっきりさせるかで豆を配合します。

続いて風味が口の中に残るか、余韻を残さないかで配合を調整。最後に甘み、酸味、香りなど全体のバランスを考えて配合します。

特徴が違う豆を組み合わせる

酸味や苦み、香りなど特徴や性質が異なるコーヒー豆を組み合わせる方法です。

収穫地の標高が異なる豆の組み合わせもあります。特徴や性質がまったく違う豆を組み合わせることで、風味に幅が生まれ、味わいが豊かになります。

性質が似ている豆を組み合わせ、アクセントをつける

酸味や苦み、香りなど性質が似ているコーヒー豆を組み合わせ、個性の強い豆を加えてアクセントをつける方法です。

個性の強くない中性的な豆に、個性の強い豆を加える方法もあります。

ブレンドによく使用される豆は?

ブラジルアーモンドや麦芽のような香ばしさが特徴で、ブレンドのベースとするには最適のコーヒー豆です。深煎りにすると口の中に味わいが残る余韻が長くなり、アクセントにもなります。
コロンビア芳醇なコクとバターのように濃厚でなめらかな舌触りがあり、ドライフルーツのような甘い香りもあります。深煎りにすると、口の中に味わいが残らず、すっきりとしてキレがあります。
モカ紅茶や青りんごをイメージさせる、青い果実のようなフレッシュで軽やかな風味が特徴です。味わいを軽やかにする場合は、モカの割合を半分にしてブレンドすると、すっきりと後味も軽やかになります。
マンデリン深みのあるコクを堪能できるビロードのような舌触りと、アプリコットのような南国のフルーツ風味が特徴です。コクを強調するブレンドの際に使用します。
タンザニアグレープフルーツのような柑橘系の爽やかで、心地よく甘酸っぱい酸味が特徴です。軽やかですっきりしたブレンドのときに、モカをベースにしてタンザニアを組み合わせます。

ブレンドコーヒーを楽しむなら、新鮮なコーヒー豆を使用しましょう。

焙煎して日にちが経っているものは、コーヒーが酸化して酸味が強く、雑味のあるコーヒーになります。焙煎したての豆で、オリジナルの美味しいブレンドコーヒーを味わってください。

あなたにおすすめのコーヒーはなに?

コーヒーメーカーランキング 高品質コーヒー
コーヒーとダイエット コーヒーと健康
コーヒーと美容 コーヒーメーカー
関連情報