コーヒーと豆の種類

ブレンドとストレートの違いって?混同されがちなアメリカンコーヒー

普段、何気なくお店で頼んでいる「ブレンドコーヒー」。

自分で豆を買って自宅でドリップコーヒーを楽しむなら、まず「ブレンドコーヒー」と「ストレートコーヒー」の違いを押さえましょう。

さらに混同されがちな「ブレンドコーヒー」と「アメリカンコーヒー」の違いも解説します。

「ブレンド」と「ストレート」の違いをおさらい

「ブレンドコーヒー」は文字通り、何種類かのコーヒー豆を混ぜ合わせたコーヒーです。
豆を焙煎する前にブレンドする方法と、焙煎した後にブレンドする方法があります。

一方の「ストレートコーヒー」は、産地で生産されたそのままの豆を焙煎しています。
色に例えるとストレートは単色、ブレンドは混合色ということになります。

味わいについてもストレートは味の調整をせず、豆そのままの味わいですが、ブレンドは複数の豆を混ぜ合わせることで、酸味や苦み、コクなど細かい味の調整をすることが可能です。

ブレンドコーヒーの特徴

お店のカラーが出せるコーヒー

ブレンドコーヒーはお店の主張がはっきり表現できるコーヒーだといえます。

コーヒーは日本に輸入された生豆の段階で、ブレンドされることはまずありません。
焙煎する前か後に数種類のコーヒー豆をブレンドし、イメージ通りの味を作りだすのが一般的です。

そのため、お店の考えや味わいの好みなど、お店のカラーが色濃く反映されます。
同じブレンドコーヒーでも、お店によって味わいがまったく異なることも珍しくありません。

何倍でも飲めるような軽い風味だったり、苦みや酸味が強かったり、お店のケーキに合わせてブレンドを作っているところもあります。

多くの人の口に合うコーヒー

また、ブレンドコーヒーは多くの人が飲みやすいように、味わいのバランスが取れていることが多いです。

初めて利用したお店などで、飲みやすいコーヒーを選びたいときに向いています。

ブレンドコーヒーが安いのはなぜ?

たまに“ブルーマウンテンブレンド”のように、特定の豆の名前がついたブレンドコーヒーもありますが、特定の豆を一定量以上含んだブレンドという意味です。

喫茶店でブレンドコーヒーが一番安いことが多いのは、看板商品のブレンド用コーヒー豆を多く仕入れることが多いため、安く提供できるそうです。

「ストレート」は産地の特徴が分かる

「コーヒー愛好家はストレートを好む」

一つの生産地のコーヒー豆だけで構成されているストレートは、産地の特徴がはっきりしています。

ブレンドのようにお店の方で味わいを調整することができないため、産地ごとのコーヒーの個性を味わいたいときにはストレートコーヒーで飲むのがおすすめです。

「コーヒー愛好家はストレートを好む」とされるのは、それぞれの産地で違うコーヒーの味を知り尽くしているので、自分好みのストレートコーヒーが選べるからかも知れません。

スペシャルティコーヒーもある

一般的に生産国ごとのグループ分けをされているのがストレートコーヒーですが、同じ生産国でも農園ごとのより特定の範囲で分類されるのが「スペシャルティコーヒー」です。

他の生産地の豆が混ざっていないという点で、スペシャルティコーヒーもストレートコーヒーの一種です。

普段、スペシャルティコーヒーを愛飲している方は、たまに違う農園のコーヒーを飲みたいと思うそうですが、そういうときにブレンドコーヒーを飲んでも味わいを楽しめないようです。

特徴や個性が掴めないブレンドより、知らない農園のコーヒーの方が、はっきり個性が感じられ、新しいコーヒー体験ができるからだそうです。

「ブレンド」と「アメリカン」の違いって?

では、「ブレンドコーヒー」と「アメリカンコーヒー」の違いを見ていきましょう。

酸味や苦みを調整できるブレンドコーヒー

ブレンドコーヒーは前述したように、数種類の豆を混ぜ合わせて淹れたコーヒーです。
お店のカラーやこだわりで酸味や苦みを調整したり、多くの人が飲みやすい味わいにしたりすることができます。

酸味が強くさっぱりした味わいのアメリカンコーヒー

一方のアメリカンコーヒーは見た目の色も味も薄いので、お湯で薄めた味が薄いコーヒーを思っている人もいますが、浅煎りの豆を焙煎したコーヒーのことです。

コーヒー豆は焙煎の度合いや製法により、酸味や苦みが変わります。
焙煎度合いは浅いものから、

  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

の8段階があります。

アメリカンコーヒーはライトロースト、シナモンロースト、ミディアムローストのような焙煎度が低い豆を使用するのが一般的です。

深煎りの豆は色が濃く、苦みが強くなります。

一方、浅煎りの豆は色が薄く、酸味が強くなるため、アメリカンコーヒーは酸味が強くさっぱりした味わいになります。

ちなみにアメリカンコーヒーは和製英語で、海外では使用しないので注意してください。

ブレンドコーヒーとストレートコーヒーの楽しみ方

コーヒーは飲みやすいブレンド派こだわりのストレート派など、人によって好みが分かれます。

普段はブレンド派でも、たまには豆本来の味わいを知るためにストレートを味わってみてはいかがでしょう?

ストレート派は、普段と違う生産地のコーヒーを味わうと楽しみが広がりますね。

あなたにおすすめのコーヒーはなに?

コーヒーメーカーランキング 高品質コーヒー
コーヒーとダイエット コーヒーと健康
コーヒーと美容 コーヒーメーカー
関連情報