コーヒーと豆の種類

いくつ分かる?コーヒーの種類と特徴を紹介

コーヒー「種類と特徴」

喫茶店やカフェに出かけると、いつも同じドリンクを注文していませんか?

カフェラテカプチーノなど違いがイマイチ分かりづらくて、注文しづらいという方も少なくないようです。

コーヒーの種類は豆だけでなく、浅煎りか深煎りかの焙煎方法、ドリップ式かエスプレッソ式の抽出方法などさまざまな種類があります。

ブレンドやアメリカンの違い、よく飲まれる珈琲豆の特徴、カフェメニューでよく見るコーヒーの種類を解説します。

コーヒーの種類やその特徴をどのくらい分かる?

コーヒー「種類と特徴」

喫茶店やカフェに出かけると、いつも同じドリンクを注文していませんか?

カフェラテやカプチーノなど違いがイマイチ分かりづらくて、注文しづらいという方も少なくないようです。

例えば、カフェオレに使用するのは普通のドリップ式で抽出したコーヒーで、牛乳を入れたものはすべてカフェオレです。

一方でカフェラテ、カプチーノ、カフェマキアートに使用するのは、エスプレッソ式で抽出したコーヒーに牛乳やミルクを加えます。

同じ珈琲豆でも焙煎方法により、浅煎り、深煎りがあり、浅煎りはドリップ式で、深煎りはエスプレッソ式で抽出します。

珈琲豆の種類だけでなく、焙煎方法、抽出方法による種類の違いもあるのです。

種類 抽出方法 焙煎方法
カフェラテ、カプチーノ、カフェマキアート エスプレッソ式 深煎り
カフェオレ ドリップ式 浅煎り

よく聞かれるブレンドとアメリカンの違いは分かる?

コーヒー「種類と特徴」

喫茶店やカフェでブレンドアメリカンがメニューにあれば、それぞれの味わいの違いが分かりますか?

一般的にはブレンドの味が濃くて、アメリカンは薄いというイメージがあります。

ただ、ブレンドの逆がアメリカンというわけではありません

ブレンド

数種類の豆を混ぜ合わせて独自の風味や味わいを楽しみます

異なる珈琲豆を混ぜ合わせることで、バランスの良い味わいを作り、豆の個性を強調し、味わいに広がりを持たせることができます。

同じ豆でも浅煎りと深煎りで味わいがまったく違うので、浅煎りと深煎りをブレンドするのも、ブレンドの種類といえます。

自宅焙煎すると、機械で焙煎するより焼きムラができやすいですが、ブレンドしたときに厚みのある味わいになりやすくなります。

アメリカン

コーヒー「種類と特徴」

豆を浅めに焙煎したコーヒーのことで、酸味が強くクリアでさっぱりした味わいになります。

焙煎の方法は、焙煎の度合いにより種類が分かれます。

浅い

深い

1 ライト
2 シナモン
3 ミディアム
4 ハイ
5 シティ
6 フルシティ
7 フレンチ
8 イタリアンロースト

浅い方からライト、シナモン、ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリアンローストの8段階があります。

アメリカンは焙煎度が低いライト、シナモン、ミディアムローストなどを使うのが一般的です。

珈琲豆の指定はありません。

アメリカ大陸の開拓民がドリップの器具がなく、じっくり焙煎できなかったために生まれたとされています。

よく飲まれている珈琲豆の違いは知っておこう!

世界60数ヶ国で生産されているコーヒーは、その土地の気候、風土に合った栽培法があり、産地によって形、味、香りが違います。

世界でも日本でもよく飲まれている代表的な珈琲豆の違いを知っておきましょう。

モカ

コーヒー「種類と特徴」

独特の強い酸味と甘味、コクがあります。

果実のような香りを楽しめるので、日本でファンが多いとされる珈琲豆です。

アラビア・エチオピア産で、「モカ」とはヨーロッパに珈琲豆を輸出するための港で栄えたイエメンの町の名前が由来になっています。

焙煎度合いはハイロースト、シティローストの中程度の焙煎が適しています。

ブルーマウンテン

コーヒー「種類と特徴」

コーヒーの王様で卓越した香りの豊かさと調和が取れた味わいは、最高級の品質と呼ばれます。

ジャマイカ産で単品でも味の調和が良く取れており、生産量が少ない希少豆でもあります。

麻袋に入れて輸出されるコーヒーが多い中で、唯一木製の樽に入り、証明書付きで輸出されている最高級品。

かつては英国王室御用達として用いられました。

焙煎度合いはやや浅め寄りのミディアムローストやハイローストが適しています。

キリマンジャロ

コーヒー「種類と特徴

強い酸味と甘い香り、上品な風味、コクが特徴です。

原産地はタンザニアアフリカを代表するコーヒーです。

高地で栽培された珈琲豆は、酸味と苦味のバランスが良く、あと味に雑味がなく、豊かな芳香に優れています。

焙煎度合いはやや深め寄りのシティロースト、フルシティローストが適しています。

コロンビア

コーヒー「種類と特徴」

まるい酸味と強い甘味、まろやかなコクが特徴です。

コロンビア産で農園が異なり、上級品になれば、素晴らしい味わいを楽しめます。

コロンビアコーヒーの最上級の豆がエメラルドマウンテンです。

アンデス山地1,700m以上の高地で栽培され、完熟豆だけを手摘みで収穫。

未熟な豆や欠点豆は徹底的に取り除き、厳格な加工管理のもとで鑑定士による品質検査に合格した豆だけが認定されます。

焙煎度合いはやや浅め寄りのハイロースト、シティローストが適しています。

カフェメニューでよく見るコーヒーの特徴を知っておこう!

エスプレッソ

コーヒー「種類と特徴」

極細挽きにした深煎り豆に専用機で圧力をかけ、瞬間的にお湯を通し、抽出したコーヒーです。

小さなデミタスカップに注ぎ、砂糖を入れていただきます。

珈琲豆の香りと濃厚なコクを楽しむための抽出方法で、コーヒーのエッセンスが詰まっています。

エスプレッソはさまざまなアレンジができる基本になります。

カプチーノ

コーヒー「種類と特徴」

エスプレッソスチームミルクとフォームミルクを加えたコーヒーです。

ちなみにフォームミルクは温かい状態で泡立て、泡と液体を分離させています。

スチームミルクはスチーマーなどの蒸気で温め、泡と液体が混ざり合っています。

カプチーノはフォームミルクの量が多いので、ふんわりした口当たりです。

カフェラテ

コーヒー「種類と特徴」

エスプレッソスチームミルクをたっぷり入れたコーヒーです。

カプチーノと違ってフォームミルクをほとんど加えません。

ミルクがたっぷり入っているので、濃厚なコクのエスプレッソがマイルドになり飲みやすくなります。

もっと飲みやすい方が良い方は、ドリップ式で作られるカフェオレがおすすめです。

カフェモカ

コーヒー「種類と特徴」

エスプレッソにほろ苦いチョコレートシロップをかけ、最後にホイップクリームをトッピングしています。

ほろ苦くて甘い味わいなので、女性に人気があるメニューです。

スタバのカフェモカはトッピングによるカスタマイズがいろいろ楽しめます。

ヘーゼルナッツシロップはナッツの香ばしさが加わり、とても美味しいですよ。

アメリカーノ

コーヒー「種類と特徴」

エスプレッソをお湯で薄めています。

濃厚なコクが薄まり、飲みやすく、あと味もさっぱりしてすっきりしています。

アメリカーノで間違いやすいのは、アメリカンです。

アメリカンは浅煎りの豆を使って淹れたものや、ドリップコーヒーをお湯で薄めたものです。

アメリカーノは深煎り豆を使ったエスプレッソを使用しているので、元のコーヒーが違います。

アメリカーノは喫茶店によってカフェ・アメリカーノと呼んでいるところもあります。

自宅で美味しいコーヒーを楽しみたい時は♪

お家カフェに最適なコーヒーメーカーおすすめ特集が参考になります♪
コーヒーメーカーを無料で使えるサービスがあります!!ネスカファシリーズコーヒーメーカーおすすめ特集はこちらから
>>お家カフェに最適なコーヒーメーカー特集はこちらから確認できます!<<

関連情報