コーヒーと趣味

コーヒー、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料は何が違う?ランキングも紹介

更新日:

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

毎日、何気なく飲んでいるコーヒーですが、「コーヒー」、「コーヒー飲料」、「コーヒー入り清涼飲料」という違いがあるのをご存知ですか?

コクや豊かな香りが楽しめたり、砂糖やミルクで飲みやすくしたり、カフェインレスなどそれぞれ特徴があります。

同じに見えるコーヒーの違いを知って、自分の好みにあう商品を選んでみましょう。

それぞれのコーヒーの人気商品ランキングも紹介しますので、商品選びの参考にしてください。

自分の口に合うコーヒーを選ぶポイントがある

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

毎日、何気なく飲んでいるコーヒーは、各メーカーで焙煎方法やブレンドの比率が異なり、味わいの大きな要素になります。

数種類の焙煎豆を使用する、香料を加えないなど豆自体にこだわっているメーカーでは良質で味わい深いものが多いです。

使われている豆の量や質、甘さなど、銘柄ではなく、自分の口に合うコーヒーを選ぶポイントがあるので紹介します。

コーヒー豆の質と量で選ぶ

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

市販のコーヒーは内容量100g中の生豆分量の違いにより

  • コーヒー
  • コーヒー飲料
  • コーヒー入り清涼飲料

など分類表記が決まっています。

コーヒー入り清涼飲料は、カフェインの摂取を抑えるカフェインレスもあります。 

甘さの度合いで選ぶ

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

疲れたときにカフェインと同時に糖分を補給できるのがコーヒーの魅力です。

甘さの度合いも、選ぶ上で大切なポイントです。

甘さの目安として「ノンシュガー」、「ブラックコーヒー」、「微糖」、「無糖」などさまざまな表記が使われています。

ミルク入りかミルクなしか

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

濃厚な味わいを楽しむなら、カフェオレやカフェラテのようなミルク入りがおすすめです。

ただ、脱脂粉乳や全粉乳に加え、乳化剤やデキストリンなど添加物が入っている場合が多いので、原材料はチェックしてください。

フレーバーの種類で選ぶ

「モカブレンド」や「カフェオレ」などフレーバーの種類で選ぶこともできるので、本格的な味わいを楽しめます。

コーヒーは生豆の分量で種類が3つに分かれる

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

コーヒー飲料などの表示に関する公正競争規約に基づき、内容量100g中の生豆分量の違いで種類の表記が義務づけられています。

種類 内容
コーヒー 内容量100g中の生豆換算で5g以上の豆が含まれたもの
コーヒー飲料 内容量100g中の生豆換算で2.5g以上5g未満の豆が含まれたもの
コーヒー入り清涼飲料 内容量100g中の生豆換算で1g以上2.5g未満の豆が含まれたもの。

カフェインを90%以上除去したカフェインレスは、「コーヒー入り清涼飲料」の種類になる。

コーヒー、コーヒー飲料、コーヒー入り清涼飲料の特徴

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

種類 特徴
コーヒー 生豆の分量が多いので、香りが豊かで深いコクのある味わいが楽しめます。
メーカーによってこだわりの厳選豆を増量したプレミアムシリーズなどが出ています。
コーヒー飲料 コーヒーより香りやコクは落ちますが、旨みを活かしつつ、独特の苦味は抑えられているため、苦手な方も美味しく飲むことができます
コーヒー入り清涼飲料 清涼飲料水というと糖分を多く含むジュースのイメージがあります。
実際は食品衛生法で「乳酸菌飲料、乳および乳製品を除く、アルコール分が0.1%未満の飲料」とされています
お茶やコーヒー、トマトジュース、豆乳なども多くの飲料が含まれます。
コーヒー入り清涼飲料は、珈琲風味の清涼飲料水と考えれば良いでしょう。

コーヒーの人気ランキングBEST3

コーヒーに分類されるコーヒーの人気ランキングBEST3をご紹介します。

1位:UCC BLACK無糖 DEEPRICH

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

無糖、ミルクなしのブラックです。

香料に頼らない香り高いアロマが特徴で、原材料はコーヒーのみを使用しています。

通常より豆を20%増量しているので、深いコクと香りを楽しめます。

栽培地域と種類によって焙煎方法を変えて、後からブレンドするというこだわりです。

3種類の温度でドリップするUCC独自の製法で抽出し、美味しさを追及しています。

2位:伊藤園 タリーズコーヒー バリスタズブラック

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

無糖、ミルクなしのブラックです。

シアトル生まれのカフェチェーン店「タリーズ」で味わうような美味しさがコンセプトです。

豆から焙煎まですべてにこだわりが感じられます。

アラビカ種の豆100%を国内の焙煎工場でローストして作られています。

タリーズのお店が近くにないので飲むという方や、すっきり目覚める本格的な味という口コミもあり、人気商品となっています。

3位:キリン ファイア 香ばしブラック

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

無糖、ミルクなしのブラックで、持ち運びが便利なスクリューキャップになっています。

焼きを極めた直火仕上げのローストで、焦がし焼き豆を30%使用しています。

炭化する直前まで深煎りさせたコーヒー豆を使用し、ドリップのようにシャープですっきりした香りと味わいを楽しめます。

香料は加えていますが、キャップを開けた途端に引き立つ香り、アイスでも楽しめるアロマが人気です。

コーヒー飲料の人気ランキングBEST3

コーヒー飲料に分類されるコーヒーの人気ランキングBEST3をご紹介します。

1位:サントリー コーヒー クラフトボス ラテ

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

砂糖とミルク入りコーヒー飲料です。

缶コーヒーの人気ブランドBOSSの新しいパッケージタイプ。

コクがあるのに苦味や雑味を感じない、喉の渇きを癒やし、リフレッシュさせてくれるコーヒー飲料です。

単に薄い味ではなく、後引きする苦味だけを取り除き、コーヒー感が感じられる味わいがあります。

ほど良い甘さと飲みやすさ、やさしいコクが特徴です。

2位:キリン ファイア 挽きたて微糖

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

砂糖とミルク入りコーヒー飲料です。

香り高く後味はすっきりとした味わいの微糖で、焼きによる香り高い珈琲の美味しさを楽しめます。

毎日飲んでも飲み飽きないので、仕事中の休憩時間にホッとひと息つきたいときにぴったりです。

3位:UCC 上島珈琲店 コーヒーミルク珈琲 PET

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

UCCの店舗レシピを参考にした人気の「ミルク珈琲」の味わいを、ペットボトルで再現しています。

ミルク感とコクの豊かなバランスの良さを十分に味わうことができます。 

◎コーヒー入り清涼飲料の人気ランキングBEST3

コーヒー入り清涼飲料に分類されるコーヒーの人気ランキングBEST3をご紹介します。

1位:森永乳業 マウントレーニア カフェラッテ

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

たっぷりのミルクと本格エスプレッソを、ベストなバランスでブレンドしたカフェラテ

豆のブレンド数と使用率を高めることで、深みのあるコーヒー入り清涼飲料となっています。

2位:UCC おいしいカフェインレス コーヒー無糖

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

無糖でミルクなしのカフェインレスです。

カフェインを二酸化炭素抽出により97%除去し、香料・着色料・保存料など添加物は使用していません。

カフェイン摂取を控えている方、健康が気になる方におすすめです。

3位:コカ・コーラ ジョージア やさしいカフェオレ

コーヒー「コーヒー飲料の違い」

砂糖とミルク入りで、苦味が少ないカフェインレス豆100%使用したペットボトルタイプです。

植物由来の甘味料は甘さ控えめでカロリーオフ、国産牛乳100%使用しています。

無料で本格コーヒーを試すのにおすすめのランキング!

ネスレ・ウェルネスアンバサダー【個人用】

ウェルネスアンバサダー

自宅用にマシンが1台もらえるウェルネスアンバサダー

ネスレとファンケルの栄養・健康共同開発プロジェクト

ウェルネス抹茶ウェルネスラテを楽しめるコース

バリスタ i など他にも追加で使用できる無料マシン有り!

ネスカフェ・アンバサダー【職場用】

ネスカフェアンバサダー

少人数の職場だったらネスカフェアンバサダーをチェック!

職場コミュニティで専用マシンが無料で利用できます!

コーヒーラテ抹茶まで楽しさいろいろ!

スペシャル.Tなど無料で追加できるマシンが豊富!

ネスカフェ・ドルチェグスト【マシンお試し】

ネスカフェ ドルチェ グスト

まずは自宅で気軽に試して見たいならネスカフェドルチェグスト

ジュニオ2プレミアム無料で利用できます!

マシン無料レンタルカプセルお届け便3回以上継続必要!

ウェルネス・アンバサダーだったら定期縛りなし!

-コーヒーと趣味

Copyright© コーヒーの驚くべき効果! コーヒーの効能を多角的に分析 , 2018 All Rights Reserved.