コーヒーと趣味

インスタントコーヒーを美味しくする方法とコツを教えます!

更新日:

コーヒー「インスタントコーヒー」

インスタントコーヒー美味しくする方法とコツをご紹介します!

NHK「ためしてガッテン」で紹介されたインスタントコーヒーを水で溶いてお湯を注ぐ方法など、手軽に簡単にできる方法ばかりです。

少しの工夫で香りも風味も、いつものコーヒーより格段に良くなります。

ぜひ、お試しください。

インスタントコーヒーを水で溶いてからお湯を注ぐ

NHK「ためしてガッテン」で紹介されたインスタントコーヒーを美味しくする方法を紹介します。

味も香りも、ドリップコーヒーに近づけることができる手軽な方法です。

材料

  • お好みのインスタントコーヒー:ティースプーンで山盛り1杯
  • 水:ティースプーン1杯
  • 熱湯:140cc

淹れ方

  1. コーヒーカップにインスタントコーヒーを入れ、スプーンの背でよく練って、ダマがなくなるまでスプーンでよく混ぜる。
  2. コーヒーがなめらかになったところで、熱湯を注ぐ。

挽き立ての豆で淹れたようなコクのある味わいのコーヒーになり、これだけで香りも味わいもいつものコーヒーが10倍くらい美味しくなります。

ポイント

インスタントコーヒー美味しくする方法のポイントは、熱湯ではなく水で溶かすことです。

練れば練るほどコーヒー独特の香ばしい香りが引き立ち、味わいもさらによくなります。

この方法はインスタントココア粉末ポタージュにも同じように応用できるので、試してみてください。

インスタントコーヒーが美味しくなる理由

美味しくなる理由はNHK「ためしてガッテン」によると、最初に水で練ることで溶け残りがなくなるためです。

市販のインスタントコーヒーには少量のでんぷん質が含まれているので、いきなり熱湯を注ぐと粉末コーヒーの表面のデンプン質が固まり、ダマになって味が粉っぽくなってしまいます。

少量の水でなめらかに溶かすことで、インスタントコーヒーの美味しさを最大限引き出すことができます。

インスタントココアや粉末ポタージュなど、同じデンプン質が含まれているすべての食品に応用できるのも同じ理由からです。

インスタントコーヒーの製法にも注目

インスタントコーヒー美味しくする方法として、その製法で選ぶことができます。

インスタントコーヒーには、2種類の製法があります。

スプレードライ(噴霧乾燥)製法

顆粒状にしたインスタントコーヒーです。

抽出したコーヒー液をスチームのような霧状にし、熱風の中にスプレーして瞬間的に水分を蒸発させた後、粉末状にします。

さらに水にも溶けやすくするため、乾燥させた粉末状のコーヒーを顆粒状に加工する製法です。

一般的な製法ですが、抽出したコーヒー液に熱を加えるので、コーヒーの風味や香り(アロマ)が損なわれてしまいがちです。

ただ、水にも溶けやすいのでアイスコーヒーに利用できます。

フリーズドライ(凍結乾燥)製法

粒が大きい結晶タイプのインスタントコーヒーです。

抽出したコーヒー液をまず、零下40度前後の低温で凍らせ、細かく砕きます。

その後、真空状態で乾燥させて結晶化させる方法です。

氷の結晶ができた部分はそのまま残るので、大粒の粒子になります。

抽出したコーヒー液に熱を加えないので、コーヒー本来の風味や香り(アロマ)が損なわれることがありません。

ただし、お湯以外では中々溶けにくいので、アイスコーヒーには向きません。

ネスカフェ ゴールドブレンドのようなタイプは、この製法によるものです。

スプレードライ製法は価格が安く、フリーズドライ製法は価格が高めになります。

インスタントコーヒーを美味しくする方法で選ぶなら、フリーズドライ製法のものを選ぶと良いでしょう。

インスタントコーヒーをフライパンでから炒りしてみる

スプレータイプのものでも、フライパンでから炒りすると香りを良くすることができます。

使用するフライパンは焦げ付きを防ぐために、テフロン加工のものを選びます。

コーヒーを弱火でじっくり炒り、ほんの少し焦げて香ばしい香りが立ってきたら、火を止めます。

カップに入れてお湯を注ぐと、グッと香り高いコーヒーを味わうことができます。

少し手間はかかりますが、フリーズドライ製法のものでなくても、香りを楽しむことができます

お得な方法なので試してみてください。

お湯の温度によってもインスタントコーヒーの味と香りが変化する

インスタントコーヒーは90度ぐらいのお湯でいれる

インスタントコーヒーはカップに注ぐお湯の温度によって、味や香りが変わります。

一般的にドリップでコーヒーを淹れるときは、90度ぐらいがベストと言われています。

インスタントの場合も同様に、お湯の温度は80~90度ぐらいにすると、味がまろやかになり、香りも引き立ちます

沸騰するくらいの100度近い温度だと、渋みが強くなり、逆に80度以下のぬるめの温度だと、酸味が強く入ってしまいます。

お湯の温度をコントロールすることは、インスタントコーヒーを美味しくする方法としてとても重要です。

コーヒーカップにお湯を注ぐときに、いつも温度計で測る必要はありません。

しかし、沸騰したお湯では渋みが強くなること、温度が低いと酸味が強くなることを知識として知っておきましょう。

事前にカップを温めてさらに美味しく

コーヒー「インスタントコーヒー」

お湯を沸騰させたら、ポットなどに移して30秒から1分程度置き、少し冷ました状態でお湯を注ぎます。

きれいな白い泡がカップの表面に広がり、コーヒーの良い香りが漂います。

カップが冷たい状態なら事前にカップを温めておくと、お湯の温度を下げずに済みます。

カップの温め用にお湯を少し多めに沸かしておくと良いでしょう。

カップが適温になり、まろやかで熱々のコーヒーを味わうことができます。

インスタントコーヒーを美味しくする方法として、およその温度の目安を知っておくと、より本来の風味を楽しむことができます。

お湯を複数回に分けて注ぐ

カップにお湯を注ぐときは、いきなり一度に注ぐのではなく、2~3回に分けて入れてください。

そして、その都度スプーンでかき混ぜるようにします。

一気にお湯を注ぐと、コーヒーの粉が溶けずにカップの表面に浮き上がり、カップの縁に茶色い粒となって固まってしまいます。

それでは、コーヒーの香りや風味の成分が壊れてしまいます。

まず、カップの3分目ほどお湯を注いだら、コーヒーをお湯に馴染ませ、溶かすためにゆっくり愛情を込めてかき混ぜます。

次にカップの8分目までゆっくりお湯を入れて、もう一度かき混ぜればできあがりです。

カップの縁いっぱいまでお湯を注ぐのではなく8分目にした方が、美味しく味わうことができます

また、インスタントコーヒーでもカップをお皿に載せて飲むと、確実に味わいが違ってきます。

お湯で溶いた後電子レンジにかける

電子レンジの加熱で風味豊かに

インスタントコーヒーを普通にお湯で溶かした後に、電子レンジで温めます。

とても手軽な方法ですが、味や酸味、苦味のバランスが良くなり、旨みが際立つようになります。

コーヒーの分子構造が電子レンジの加熱で活性化されるので、香りや旨み成分が水に溶けやすくなります。

そのため、香り高く味がまろやかになるのです。

お湯を沸かすのが面倒なときは、カップに適量のインスタントコーヒーを入れて水を注ぎ、レンジで30秒温めるだけで、美味しいコーヒーが作れます

鍋で加熱しても風味が引き立つ

電子レンジがない場合は鍋で煮るという方法もあります。

まず、人数分の水を鍋に入れ、インスタントコーヒーの粉も同じく人数分入れます。

鍋を火にかけながら、菜箸などでかき混ぜます。

表面に泡が立ち始めたら、沸騰する前に鍋を火から下ろし、コーヒーをカップに注げばできあがりです。

美味しく飲める温度が90度ぐらいなので、沸騰する前に火を止めるのがポイントです。

電子レンジと同様にコーヒーの溶け残りがなくなるので、香りの立つ風味豊かなコーヒーが味わえます。

無料で本格コーヒーを試すのにおすすめのランキング!

ネスレ・ウェルネスアンバサダー【個人用】

ウェルネスアンバサダー

自宅用にマシンが1台もらえるウェルネスアンバサダー

ネスレとファンケルの栄養・健康共同開発プロジェクト

ウェルネス抹茶ウェルネスラテを楽しめるコース

バリスタ i など他にも追加で使用できる無料マシン有り!

ネスカフェ・アンバサダー【職場用】

ネスカフェアンバサダー

少人数の職場だったらネスカフェアンバサダーをチェック!

職場コミュニティで専用マシンが無料で利用できます!

コーヒーラテ抹茶まで楽しさいろいろ!

スペシャル.Tなど無料で追加できるマシンが豊富!

ネスカフェ・ドルチェグスト【マシンお試し】

ネスカフェ ドルチェ グスト

まずは自宅で気軽に試して見たいならネスカフェドルチェグスト

ジュニオ2プレミアム無料で利用できます!

マシン無料レンタルカプセルお届け便3回以上継続必要!

ウェルネス・アンバサダーだったら定期縛りなし!

❏こちらの記事も読まれています

-コーヒーと趣味

Copyright© コーヒーの驚くべき効果! コーヒーの効能を多角的に分析 , 2018 All Rights Reserved.